掛け金の値上げ通知をきっかけにして医療保険を解約

サイト運営費捻出のため広告を使用しています

会社に入社してしばらくしたときから、労働組合経由で加入できる医療保険(医療共済)に契約していました。医療保険は病気やケガなどで入院、手術などをしたときに保険金が下りる保険です。もしも病気などで入院して会社で仕事ができなくなったときなどを想定して契約していました。しかし、先日になって掛け金が倍近くになるという通知があったので、医療保険を解約することにしました。

日本では健康保険制度が非常に充実しているので医療費は3割負担で済みます。また、一か月の医療費が一定額を超えた際に超えた分を支給してくれる高額療養費制度もあるので、あえて公的な健康保険のほかに医療保険に加入していることのメリットを感じられなくなったんで解約という形にしました。

ただ、入院したときに一人部屋を使用するなど、差額ベッド料が発生する場合や先進医療を受ける場合などは、公的健康保険の対象外になりますので、自分が将来、どんな医療を受けたいかによっても民間医療保険に入ったほうが良いかどうかは変わるかもしれません。

一方で同じ医療保険でもアフラックの新がん保険に関しては、そのまま加入を続けています。こちらは少ない掛け金であるにも関わらず、驚きの解約返戻金が貯まっていたためです。

アフラックからは毎年、「ご契約の保険は古いがん保険で、先進的な医療や在宅治療には保障が十分ではありません」という通知が来ますが、これらの契約を付けるととんでもなく掛け金が高くなるので、古い契約のままで続けています。

コメント