非課税期間が終了する現行NISA口座に注意

当サイトの記事には広告が含まれます

現行NISAには5年間という非課税保有期間の限度があり、あっという間にこの期間は
過ぎてしまいます。非課税期間終了後は自動的に課税口座に移管されるのですが、プ
レジデントオンラインに注意を促す記事が掲載されていました。

課税口座に移管された際には、その時点からの利益に対して20%分の課税が行われま
す。この課税を避けたい場合は、5年の非課税期間が終了するものは売却して、新
NISAで買いなおす必要があります。

さらに記事を読んでいて驚いたのは、元本割れした状態で課税口座に移管されること
です。現行NISAを使って200万円で投資をしていたものが150万円に値下がりしていた
場合、課税口座へは150万円で移管されてしまいます。課税口座に移管後に株価が回
復して、たとえ200万円になったとしても、利益50万円の20%分、つまり10万円が税
金で消えてしまいます。現行NISAを使って200万円で買ったものが、課税口座に移っ
て200万円に戻っただけなのに、190万円になってしまうという罠があるとのことでし
た。これは怖いです。

現行NISAについては、これから5年間、毎年末に非課税期間の終了を迎えるものが出
てきますが、毎年売却して新NISAの枠で購入しなおすという操作をすることが大切と
のことでした。私の場合、楽天証券でNISA口座を作ってあるのですが、今年末に非課
税期間が終了するものがあったので売却しておきました。2024年末に非課税期間が終
了する分については現行NISAのままで様子を見るつもりです。

また、新NISAの積み立て予約もしておきました。楽天カードでの決済で、楽天オール
カントリー株式インデックスファンドを予約してあります。

現行NISAと新NISA、それぞれの制度がそれなりに複雑で、さらに課税口座への移管が
絡むと、さらに理解するのが大変です。最近では判りやすく解説したムック本も増え
ているので、どれか一冊、目を通しておこうと思っています。

コメント