紙の健康保険証が2024年秋に原則廃止へ

当サイトの記事には広告が含まれます

10月13日の報道の中に、紙の保険証が原則2024年秋に廃止になるという記事がありました。すでに保険証はプラスチックなので、「紙の保険証なんてそもそもあるのか?」などとボケをかましながら記事を読んでみると、マイナンバーカードの保険証に切り替えるという内容でした。

スポンサーリンク

マイナンバーカードの取得状況

マイナンバーカードもすでに49.6%(6420万枚)以上の国民に行き渡っていますし、そろそろこのような動きがあってもおかしくない時期ではあると思っていました。

政府では2022年度末までに全国民がマイナンバーカードを取得することを目標にしていて、マイナポイントの還元策も進められていますが、思ったほど取得率が大きくは伸びていません。

マイナンバーカード

マイナ保険証の普及状況

昨年10月からマイナンバーカードが保険証として使用することができる、マイナ保険証の仕組みがスタートしました。しかし、医療機関の対応が追いつかず、少なくとも私がかかっている大学病院やクリニック、薬局ではマイナ保険証は利用することができません。

9月18日現在の医療機関および薬局におけるオンライン資格確認導入状況は、運用開始施設数で全229,760施設のうち66,925施設(29.1%)にとどまっています。

今後医療機関の準備が追いつくか否かも課題になります。

マイナンバーカードのメリット

今回、政府は強硬策に出る形になりましたが、並行してマイナンバーカードを取得することによるメリットは国民の目に届くように分かりやすく周知した方が良いと思います。

これからは医療費の確定申告が楽になったり、お薬手帳も持ち歩く必要がなくなることなど、メリットが十分に伝わっていないようにも思えます。

マイナンバーカード取得は義務か任意か

従来はマイナンバーカードの取得は任意という位置付けでしたが、実物の保険証を廃止してしまうとなると、マイナンバーカードの取得が事実上は義務化されたことと同じことになってしまいます。

Twitterなどでも不満や不安の声が上がっていることもあり、デジタル庁ではマイナンバーカード未取得者の診療に関して、保険証ではなく何らかの方法で対応するとして今後、厚生労働省と検討を進めることにしています。

コメント