【閉店】ビックカメラアウトレット有楽町店で買い物

当サイトの記事には広告が含まれます

有楽町

先日、有楽町に行く機会がありました。地下鉄有楽町線で市ヶ谷から有楽町まで行ったのですが、国際フォーラム前に出る階段を上り、山手線の線路下を新橋駅の方向に歩いていきました。

ビックカメラ有楽町店の横を歩いているときに、左側のガード下を見たところ、なぜかこちらにもビックカメラが店を開いています。しかも、「ビックカメラ アウトレット」と書かれていました。あまり時間に余裕は無かったのですが、気になったので、お店の中に入ってみました。1フロアしかありませんので、店内は簡単に見て回ることができます。

お店の中に入ると、入口の前にはいくつかのワゴンが並んでいました。モバイルバッテリーなどの各種アクセサリーなどがワゴンの中には満載です。その奥には、数々のパソコンが陳列されていました。新品、外装不良品や展示品など色々な状態のものがあります。

ほかにはデジタルカメラ、液晶テレビ、ブルーレイレコーダー、携帯電話、各種家電など、一通りのものが揃っていました。ただ、フロアーの面積はさほど広くありません(750平方メートル)ので、品種はさほどは多くありませんでした。

気になったのは、東芝の32インチ液晶テレビで2万8800円で売られていました。USBハードディスクを接続すれば簡単に録画をすることもできるようです。1インチ1000円を軽く割ってしまっています。大画面テレビも安くなったものだと驚いてしまいます。もし今がブラウン管の時代でしたら、2万8800円というのは14インチテレビの値段です。

ほかにはLED電球が380円なんていうものもありました。数年前には2000円程度の値段が付いていたと思うのですが、こちらも急速に安くなったと思います。これらの特売品はそんなに在庫数がないかもしれないので、もはや次回行ったときには売り切れているかもしれません。

こちらのお店、いつ出来たのか調べてみました。すると、2012年2月16日に開店したそうです。すでに開店してから1年以上が経過しています。有楽町には何回も来ているのですが、まったく気がつきませんでした。こんな立地の良い場所にアウトレット店が出来ると良いのも面白いと思います。

こちらがビックカメラアウトレット有楽町店の公式サイトです。

ビックカメラアウトレット有楽町店

商品の回転が速そうなので、有楽町に行く機会には寄ってみたいと思います。

【2022年2月16日追記】

スポンサーリンク

JR東日本の耐震工事のために閉店

ビックカメラアウトレット 有楽町店は、JR東日本の耐震補強工事が行われることになったため、平成27年4月5日(日)もって営業を終了しました。

コメント