PayPayがクレジットカードをPayPayカード限定にすることを発表

サイト運営費捻出のため広告を使用しています

2023年5月1日、PayPayが支払いの際に利用できるクレジットカードをPayPayカードおよびPayPayカードゴールドに限定することを発表しました。実施日は2023年8月1日からになります。

2023年7月初旬からクレジットカードの新規登録がきでなくなります。

2023年7月初旬までにPayPayカード、PayPayカードゴールド以外のクレジットカードを登録済みの利用者に関しても、2023年8月1日にクレジットカードの登録が解除されます。

やはり他社のクレジットカードを使って決済が行われると、その他社に対して手数料を払う必要が生じて、PayPayの収益を圧迫してしまうので、いつまでも従来の仕組みを踏襲できなかったのでしょう。

これはPayPayについての大きな改悪です。PayPayを使い続けるために、あえてPayPayカードを作る人がどれほどいるでしょう。

PayPayを使いたいときには、予め銀行からチャージしておくという使い方にせざるを得ない形になりそうです。

楽天カードは利用している人が多いので、楽天Payがクレジットカードを楽天カードに限定してもあまりクレームは起こらないような気がしますが、PayPayカードはあまり作りたいと思えないので、大きな利用者の減少につながるのではないでしょうか。

私自身はバーコード決済アプリはアプリを起動する手間が好きになれないので、Suicaなどの非接触決済を利用しています。

最近はクレジットカードでの決済も非常に簡単になっているので、あえて電子マネーを使う必要もなくなってきているかもしれません。

今回、5月1日のゴールデンウィークの狭間にこのニュースリリースを重ねてきたのは、PayPayとしてはあまり話題にしてほしくなかったのかもしれません。ただ、かなり報道で取り上げられ始めています。かなりの反響があるのではないでしょうか。

コメント