JALカードの特約店からENEOSが2024年3月末をもって脱退

サイト運営費捻出のため広告を使用しています

JALカードには特約店という仕組みがあって、該当する店舗の場合は買い物をしたときのショッピングマイルが通常の2倍になります。JALカードでショッピングマイルプレミアムに加入した場合、通常の店舗では100円の買い物あたり1マイルの還元があります。

スポンサーリンク

JALカード特約店のメリット

ところが、特約店で買い物をすると2マイルの還元があります。(ショッピングマイルプレミアムはJALカードの年会費にプラスして年あたり4950円必要です。プラチナ、CLUB-Aゴールドカードはショッピングプレミアムに自動入会です。本会員がショッピングマイルプレミアムに加入した場合は家族会員にも適用されます)

JALカード特約店の例

特約店にはたとえば下記のチェーン店がラインナップされています。

  • イオン
  • ENEOS
  • 東京無線のタクシー
  • ビックカメラ
  • ファミリーマート
  • ロイヤルホスト
  • 大丸・松坂屋
  • グランドニッコー東京台場
  • スターバックス

この中で私がよく利用するお店はENEOSのガソリンスタンド、ビックカメラ、ファミリーマートといったところでしょうか。残念ながら住んでいる場所の近くにイオンのスーパーマーケットやイオンモールなどがないので、イオンはあまり使いません。イオンが近所にある場合はかなり利用価値が高いのではないかと思います。

ENEOSが特約店から脱退

しかし、とても残念なニュースを見つけてしまいました。ガソリンスタンドのENEOSが2024年3月31日にJALカードの特約店から脱退してしまうのだそうです。ENEOSも不祥事が2年連続で続き、企業ブランド力が低下していることが関係しているのでしょうか。

2024年4月1日以降はENEOSでJALカード(ショッピングマイルプレミアム加入済み)を利用した場合は100円の買い物あたり1マイルとなります。

コメント