有楽町線の電車での席取り合戦

当サイトの記事には広告が含まれます

先日、有楽町線に乗った際、意外と電車は混雑していて、座ることができませんでした。吊り革につかまりながら、席に座っている人の挙動を観察していると、そろそろ降りるのではないか?と予想がつくような動きをする人がいます。ちょうど目の前の人がそんな動きをしていて、次の駅で予想通りに立ち上がりました。

目の前に立っている私はそのまま仁王立ちしているとその人が降りにくいので、横にサッと動きます。すると、どこからともなく、これまたサッと私と同じくらいの歳のおじさんがやってきて、空こうとしている席に座るための好位置をゲットしました。

立ち上がった人は降りにくくなってしまったので、私はさらにその人のために空き空間を作りつつ、その人が立った後に後から来た人が席に座らないように立ち上がった人をドア方向に出やすい格好をとりつつ、空いた席の前を鞄でガードしてしまいました。(自分のやっていることが「せこい」とは思いつつもズルは許さない)

後から来たおじさんは座れないと悟ったのか、また別の車両へと移っていきました。席に座りながらどんなところにも小さなドラマはあるものだと感慨にふけっていました。

コメント