映画「君たちはどう生きるか」を鑑賞

3.0
当サイトの記事には広告が含まれます

京王線調布駅近くにあるトリエ調布に併設されているシアタス調布というイオンシネマで、スタジオジブリの最新作「君たちはどう生きるか」を鑑賞しました。

君たちはどう生きるか

 

三連休最終日の朝9時50分から始まる回を金曜日に予約しました。三日前の予約でしたがすでに中央付近の良い席は売り切れていて、前よりの席となってしまいました。IMAXシアターであればもっと良い席が余っていたのですが、この映画を高いお金を払って、そこまで良い設備で見る必要はないという結論に達しました。

スポンサーリンク

トリエ調布とシアタス調布

シアタス調布には午前9時半ごろに到着、地下の駐車場に車を停めました。朝一番の回を予約したのは、駐車場が混雑していることを避けるためです。トリエ調布の開店前ならば、駐車場が満車になっている可能性が低いです。

こちらのトリエ調布は京王線の電車が地上を走っていた時の跡地に作られています。地下に京王線の線路があるためなのか、建物がさほど高くありません。映画館は二階にあります。映画館を利用時は駐車場は3時間無料、2000円以上の買い物で追加で1時間無料というサービス料金体系です。映画の半券でトリエ調布の飲食店などで割引をするサービスもあります。

映画館は満席

映画館に行ってみると、まだ朝早いのにお客さんがたくさんいました。「君たちはどう生きるか」も残が僅少の表示になっていました。

シアタス調布

午前9時40分ごろに開錠された時には、在庫がなくなって完売の表示になっていました。

シアタス調布

事前に宣伝をしないという戦略を今回は取っていましたが、成功だったようです。

事前に聞いていた通り、映画のパンフレットは販売されていませんでした。

君たちはどう生きるか

客層は様々

周りの席を見てみると、親子連れや若いカップル、年配のカップルと年齢層は非常に多岐に及んでいます。さすがスタジオジブリです。

映画の予告はかなり長かったです。中央大学、懐かしい三ツ矢サイダー、練馬区のとしまえん跡地にできたハリーポッターのスタジオツアーや調布花火2023が9月24日に開催されることの予告までありました。コロナ禍で休んでいたので4年ぶりの開催です。

映画「君たちはどう生きるか」の感想

「君たちはどう生きるか」というタイトルは付いていますが、宮崎駿さんのオリジナルストーリーです。

表面的なストーリーは分かりやすいものの、なぜこのような描写を使っているのか、どうしてこういう場面にしているのか、なぜこんな動物が出てくるのかなどと考え始めると、全く訳が分かりません。一言で言って難解な映画でした。

特に最初の1時間は淡々と話しが進んでいくので、小さな子どもはじっとしているのが難しいです。グズつく子どもも多く、親が劇場から外に出して、あやしていました。

そういう意味では、前もって何も宣伝をしたいというのは、スタジオジブリはやってはいけなかったのではないかと思います。となりのトトロや魔女の宅急便などでスタジオジブリのイメージを持っている子どもには向きません。期待して映画館に行った子どもが少し可哀想でした。

友人からどんなストーリーだったか聞かれたので、ネタバレしないように、表面的なストーリーは「風立ちぬ」、「となりのトトロ」、「猫の恩返し」を足し合わせて、3で割ったような話しだったと伝えておきました。

映画の評価サイトでは5段階で1と5に評価が分かれています。

分かる人には分かるけど、分からない人には分からないということなのかもしれません。

これから少し経つと、ネタバレ投稿や作品を分析する投稿が増えていくのではないかと思います。

映画の最後は米津玄師の地球儀で締めくられます。

地球儀 初回版 (CD+写真集160P)
ソニーミュージックエンタテインメント
¥4,800(2024/07/15 04:06時点)

ジャケットが映画の1シーンのラフスケッチになっています。

ランチは東宝調布スポーツパーク

映画を観た後は、トリア調布が混雑していたので、車で東宝調布スポーツパークに移動してランチを食べました。こちらで紹介しています。

東宝調布スポーツパークのカフェレストランでおすすめランチ
先日、調布市にある東宝調布スポーツパークに行きました。ショートコースも備えたゴルフ練習場やテニスコートなどがあります。 東宝調布スポーツパークのレストラン こちらの建物の中にはカフェレストランがあるので、先日、寄ってみました。なんとなく、ゴ

物語の中で、主人公の眞人が「君たちはどう生きるか」のタイトルが付いた書籍を読むシーンがありますが、これは昭和12年8月に刊行された「日本少国文庫」の第五巻だということです。

三鷹市にある山本有三文庫で販売しています。

【2023/07/18追記】

公開三日目までの興行収入は大健闘

スタジオジブリの最新作、「君たちはどう生きるか」の興行収入が公開後3日間で21.4億円、観客動員数は135万人と、千と千尋の神隠し初動四日間の実績を超えたことが発表されました。

2013年公開の前作「風立ちぬ」との対比では150%を超える数字です。

何も事前の予告をしたない方が初動がよいというのは実験としても面白い結果だと思います。逆に言えば、今までたくさんのお金をかけて事前に予告してきたのは、一体何だったのか?ということにもなってしまいます。

問題はこれから、最初に見たお客さんが感想やレビューを口コミした後のお客さんの動きがどうなるかです。

今後の観客動員数や興行収入の発表を楽しみにしたいと思います。

【2024年1月8日追記】

ゴールデングローブ賞受賞

スタジオジブリ作品「君たちはどう生きるか」がゴールデングローブ賞のアニメ映画賞を受賞しました。同賞受賞は日本作品として初の快挙になります。

コメント