三井ガーデンホテル仙台の建物で異常な揺れと異音が発生

サイト運営費捻出のため広告を使用しています

2022年9月18日の午後11時半ごろに、仙台市青葉区本町2丁目にある三井ガーデンホテル仙台が入っている18階建てのビル(仙台本町三井ビルディング)で異音がするとホテルにいた人から119番に通報がありました。

TBSの報道によれば、通報を受けて、消防車両7台が現場に到着してホテル内を調査しています。

スポンサーリンク

ホテルから全館避難

全館の宿泊者(約380人)と全従業員は建物外に避難しています。FNNプライムオンラインによればホテル内にいた人が避難時に転倒して怪我をしたと報道しています。日刊スポーツでは宮城県警の情報として怪我人の情報は入っていないとしています。

また、建物の周りは規制線がひかれています。

ホテルの15階に宿泊していた女性は午後11時頃から断続的に地震のように揺れ始め、その後、館内放送があり、19日午前0時前に非常階段で全員が避難したということです。(全員の避難は午前1時過ぎに完了したと報じているメディアもあります)

揺れている様子の動画

Twitterにはこちらの動画が投稿されていました。かなり、大きな揺れだったことが分かります。

khb東日本放送によれば、ホテル関係者の情報として、「建物の制振システムが誤作動した可能性もある」と報じています。(制振装置は揺れているものの揺れを静める装置なので、揺れていない巨大なビルの建物をこれほどアクティブに揺らすことができるのか、とても謎です)

仙台本町三井ビルディング

仙台本町三井ビルディングでは2009年7月17日に三井ガーデンホテル仙台がオープンしました。敷地面積約1.900平方㍍、延べ床面積約14.600平方㍍の地下1階地上18階建て。設計監理は日建設計、施工は清水建設です。

2009年オープン時は、1、2階はパナソニック電工のショウルームで、3~6階は三井不動産グループの会社などが入居していました。7階から18階はホテルとなります。

【追記】

午前2時に宿泊客をホテルに戻す

揺れの原因が分からなかったことから、警察と消防でホテルとその周辺を立ち入り禁止にして警戒にあたりました。ホテルは代わりの宿泊施設を準備して宿泊客を案内しました。三連休で混雑していたと思いますが、代替の施設が見つかったのは良かったです。

その後の対応が信じられないのですが、午前2時には揺れが収まったので宿泊客はホテルに戻ったということです。原因が分からない中で揺れが収まったからと言って、また揺れたり、建物が倒壊するようなことがあったらどうするつもりだったのでしょう。

コメント